メモ:男女対の単語で意味が反対じゃない英単語

日本語でも「マタニティ」はよく使われている英単語。

マタニティ
maternity [məˈtɜː.nə.ti]

は「母親であること」を指す名詞です。なんとなく日本語の衣装では「マタニティウェア」などが染みついてるのですが、妊婦に限るわけではありませんね。「maternity leave」といえば、一般的な日本語では「産休(および育休)」です。

対語はpaternity [pəˈtɜː.nə.ti]です。ふつうにpaternity leaveも使われていて、「育休」です。男女合わせて「parental leave」と言います。

maternity を「母権」、paternityを「父権」とも訳します。
maternalは、形容詞で「母方の(血筋の)」「母親らしい」などの意味で使います。maternal societyでは「母系社会」で、別にmatriarchy [ˈmeɪ.tri.ɑː.ki]という単語も存在します。

他方、paternalは、「父方の(血筋の)」「父親らしい」など。maternal societyの逆は我々(日本など)が住む現代社会のベースですけどpatiarchy [ˈpeɪ.tri.ɑː.ki](父権制とか家父長制)と言います。

ちなみにmaterはラテン語の母paterはラテン語の父にあたる単語だそうです。

ですが、これと同じ単語を元にしたmatrimonyとpatrimonyと来たら…!どうせ「母権の○○…」「父権の○○…」というような単語に思えるのに

matrimony [mæt.rɪ.mə.ni]
「結婚のこと(かたく)」「結婚している状態」

結婚式の誓いの言葉でも使うようです(Do you, (Groom’s Name) take (Bride’s Name) to be your lawfully wedded wife and live together forever in the estate of holy matrimony?

patrimony [ˈpæt.rɪ.mə.ni]
「遺産」特に、父方や男性の親族が死んだあとに受け継いだもの。および、過去から引き付いた貴重なもの、としての意味の「遺産」

matrimonyの意味が違いすぎ! まとめると

maternity 母の paternity 父の
maternal 母方の paternal 父方の
matriarchy 母権制 patriarchy 父権制
matrimony 結婚 patrimony 遺産

毎回忘れるけど、覚えれるかな。

モバイルバージョンを終了