Mac版のZoomでSnap Cameraが使えない場合?

Zoomでのバーチャルカメラが認識しない問題

Zoom流行ってますよね、今年一番の爆上げサービスになってると思います。

MacでZoomを使うとき、以前はブラウザからも会議参加できなような気がするけど、いまアプリ必須なんですかね。そして、アプリを使ってZoomしようとすると、Snap Cameraのようなエフェクトプラグインや、iPhoneやAndroidをカメラにするiVCamEpocCameraなどの、いわゆるバーチャルカメラ機能が使えないことがありますので、対処法を紹介しておきます。

Zoom 4.6.8までは、使えます。バージョンを下げて使うことでセキュリティ落ちますが、使えます。

Zoom 5.0.x以降は、使えます。5月24日にリリースされた5.0.4以降で、バーチャルカメラの機能が復帰しました。いままでなんだったんでしょうね。。

インストーラーが管理者パスワードなしで動いたりするので話題になった2020年の4〜5月間にリリースされたバージョンでは、「バーチャルカメラ」が選べなくなっていましたというだけらしい。

とりあえず、Zoomは、いまこそ最新バージョンに切り替えましょう。

https://zoom.us/download

Zoomのカメラ切り替え設定方法

なお、Zoomでカメラが認識されている場合のカメラ切り替えは、[zoom.us]メニューから[環境設定]を開き、[ビデオ]のコーナー内の[カメラ]ポップアップメニューから設定できます。

あるいは、会議中の画面の左下にある[ビデオ]からの選択切り替えが可能です。

ソフトプラグイン的にカメラ名が表示されるので、SnapCameraがオンになっていなかったりしても選べます。画面が真っ黄色になっていたら、SnapCameraです。EpocCameraが起動してないときに選ぶと、真っ黒な画面の真ん中に白円がクルクルになってます。